変化はゆっくりじわじわ訪れる

 

「こうなりたい自分があるけれど、

なかなか変われない。。」


 

「早く目標達成したいけど、

 うまく進まない。。。」

 


そんなことってありませんか?

 


早く自分を変えたいのに、なかなか思うようにいかない、

一日でも早く、目に見える結果を出したいのに、

なかなか進まない・・・


そうなると

焦りを感じたり、不安になってしまったり、

無理に自分や状況を変えようと、必要以上に頑張りすぎてしまったり・・・。

 

 

でも、「人が変わる」 「状況が変わる」って

そう簡単なことではないことも多い。

 

それまでの習慣や思考、心のクセを変化させ、

さらにその変化を定着させていくには時間がかかります。

 

 

急激に変えることも可能かもしれないけれど、

 

いきなり自分を変えようとすると

どこか無理をしていたり、

 

変化が急であればあるほど、

その変化に自分がついていけず、

 

気持ちの抵抗が起こったり、

不安や怖さが増したり、

 

元の自分に戻ろうとする働きも強くなります。

 

 

私自身の経験や、これまで関わった方を見ていても、


1年や2年、と時間をかけてゆっくりと変化していった方のほうが

その変化を自然と受け入れ、納得し、その人らしい道を歩んでいかれています。

 


 

一日、一日で見ると何も変わってないように

思えるかもしれない。

 

「これでいい」と思えるまでは

時間がかかるかもしれない。

 

 

でも、年月を重ね、

その歩みを振り返ったときに必ず、

 

変化した自分、状況に気づくときがくる。

 

 

今は分からなくても、

 

「変わりたい」気持ち、

そのために一歩一歩、歩んでいる歩み、

 

それは決して無駄にはならない。

 

そう思えるときがくる。